抗アレルギー作用のあるグリチルリチン酸2Kの安全性や副作用とは?

グリチルリチン酸2Kの副作用と安全性は大丈夫?

by:グリチルリチン酸2Kで肌トラブル対策をしよう!

TOPページ > グリチルリチン酸2Kの副作用と安全性
一般的には、グリチルリチン酸2k配合のスキンケア製品を使用するにあたって、用法を守れば問題ありません。
しかし、ステロイドのような作用がある点で、副作用も心配されるのが事実です。
一日の摂取量が40mgを超えた場合、浮腫(できもの)が現われたりする偽アルドステロン症という症状が起きることがよく知られています。
グリチルリチン酸2Kは、抗アレルギー作用があるために、もし仮にその医薬品や医薬部外品が肌に合わなかった場合でも、そのアレルギーが直後に出にくいので、特に違和感なく長期的に使用してしまうケースがあります。
アレルギーから肌を守ってくれたりする反面、逆にそのアレルギーを分からなくすることもあるということです。
長期的使用は身体の免疫力が低下する可能性もあり、治療目的の場合は医師や薬剤師などの専門の方へ相談して使用するのが一般的です。

グリチルリチン酸2Kの基礎知識

グリチルリチン酸2Kとは?

グリチルリチン酸2Kは、正式にはグリチルリチン酸二カリウム「dipotassium glycyrrhizate (グリチルリチン酸ジカリウム)」と呼びます。 グリチルリチン酸2Kは、マメ科の植物「カンゾウ(甘草)」の根や茎から抽出される薬用成分です。カンゾウとは、風邪などに効く葛根湯の原料です。 しかし、これは水に溶...続きを読む

グリチルリチン酸2Kの育毛効果

頭皮のトラブルのひとつに、皮脂の過剰分泌で皮脂が詰まり、酸化すると毛穴に炎症が起きるという症状があります。 このトラブルを防ぐために、育毛シャンプーや育毛剤には有効成分のひとつに「グリチルリチン酸ジカリウム」が配合されているものが多いのです。 しかし、グリチルリチン酸ジカリウム自体に、髪を増やす...続きを読む

グリチルリチン酸2Kの美肌効果

グリチルリチン酸2Kは塩というぐらいですから、当然炎症を抑える強力なパワーがあります。肌荒れの予防や、ニキビの予防・悪化を防ぐ目的で、あらゆる ジャンルの化粧品に使われています。そのほか、抗炎症作用ほど強力ではありませんが、グリチルリチン酸2kには抗アレルギー作用やステロイドに似た作用が あり、ニキ...続きを読む

グリチルリチン酸2Kの副作用と安全性

一般的には、グリチルリチン酸2k配合のスキンケア製品を使用するにあたって、用法を守れば問題ありません。 しかし、ステロイドのような作用がある点で、副作用も心配されるのが事実です。 一日の摂取量が40mgを超えた場合、浮腫(できもの)が現われたりする偽アルドステロン症という症状が起きることがよく知られ...続きを読む